田中良助 宛(借金借用の手紙)

※この史跡はまだ評価がありません※

田中良助 宛(借金借用の手紙)

原文
一、金子弐両也。右者下拙儀讃州地方ニ罷越ニ付、金子入用ニ付借金候事実正ニ候。返弁之儀当暮限壱割五歩之利足を加、元利共必然皆済可致、仍之借用始末如件候。文久辛酉歳十月十四日坂本龍馬良助殿
現代文
一、金子2両私は讃岐(香川県)地方に行くので、お金が必要となりましたので貸して頂きたいのです。返済は当月の暮れまでに一割五分の利息にて、元利金ともども返済致します。文久元年10月14日坂本龍馬良助殿(田中良助は坂本家の領地の地組頭)

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る