渡辺 剛八【海援隊士 幕末亀山社中】

【海援隊士 幕末亀山社中】

※この史跡はまだ評価がありません※

渡辺 剛八
出身 越後
職名






渡辺剛八は、越後出身の海援隊隊士。

激論家で知られたという。慶応初頭までに海援隊の前身である亀山社中に名を連ねる。慶応2年(1866年)大洲藩からの要請でいろは丸の機関方として派遣される。

しかし翌年、紀州藩の明光丸との衝突事故が起こり、事態の収拾に奔走し、事後の紀州藩との交渉にも出向いている。以後は隊長の坂本龍馬が国事に奔走する中で、菅野覚兵衛とともに海援隊の留守を務めた。

しかし同年、龍馬が暗殺されると激昂し、単身上洛して敵討ちをしようと息巻くが、佐々木高行に制されたという。海援隊の解散後は振遠隊の幹部として、戊辰戦争では奥羽に転戦している。 なお、菅野と龍馬の妻お龍の妹・起美の結婚では仲人を務めている。

渡辺 剛八【海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る