岩崎城:小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

岩崎城/アクセス・場所・地図 小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

4/5 (1)

【城名】
岩崎城

【岩崎城の説明】
岩崎城は愛知県日進市岩崎町に存在した戦国時代の平山城である。
築城時期は不明だが戦国時代初期に尾張の織田信秀(信長の父)の居城「勝幡城」の支城となっていたようだ。

岩崎城/アクセス・場所・地図 小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

享禄2年(1529年)、三河国岡崎城主「松平清康(徳川家康の祖父)」が織田信秀に属する「荒川頼宗」の岩崎城を攻めて落城させた。しかし、清康は「守山崩れ」と呼ばれる家臣による暗殺で死去し三河勢は尾張から兵を引いた。

岩崎城/アクセス・場所・地図 小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

この間、松平家に属していた「丹羽氏清」が岩崎城へ移り住み、その後は「織田信長」に仕えて戦国時代を生き抜くことになる。天正12年(1584年)に起きた「小牧・長久手の戦い」では当主「丹羽氏次」が徳川家康方として戦に参加し、豊臣秀吉分隊が内々に三河へ侵攻するのを城に籠って防戦した。

岩崎城/アクセス・場所・地図 小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

しかし、多勢に無勢であえなく城は落城し、氏次は弟の氏重を失ったが秀吉軍を疲弊させた功績は大きかった。その後も数々の戦功をあげて家康からの信任も厚かったという。

岩崎城/アクセス・場所・地図 小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは「丹羽氏次」は徳川方の東軍として参戦し、その功績を認められ三河国伊保を1万石を拝領し大名として栄転した。この時「岩崎城」は廃城となったと言われている。

岩崎城/アクセス・場所・地図 小牧・長久手の戦いで徳川方として奮戦した丹羽氏次の居城 岩崎城【お城特集 日本の歴史】

現在の岩崎城跡には模擬天守が建立されている他、辺り一帯は「岩崎城址公園」として整備されている。城の遺構としては曲輪・空堀・土塁・土橋・建造物跡・井戸跡などが残されている。






【岩崎城・所在地・アクセス】
〒470-0131 愛知県日進市岩崎町市場48

【岩崎城マップ】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る