内城:島津貴久・義久・忠恒と島津氏当主が代々本城とした内城【お城特集 日本の歴史】


2/5 (1)

【城名】
内城

【内城の説明】
内城は鹿児島県鹿児島市大竜町にあった島津氏の平城である。
天文19年(1550年)、島津貴久はそれまで使用していた本城「清水城」が手狭になったため、本拠地を内城へ移した。

内城/アクセス・場所・地図 島津貴久・義久・忠恒と島津氏当主が代々本城とした内城【お城特集 日本の歴史】

内城には後詰の城として「東福寺城」があったため、城というよりは館に近いものだったようである。豊臣秀吉が九州征伐にて軍を進めてくると島津義久・義弘兄弟は無条件降伏し薩摩・大隅・日向の一部の所領を安堵された。

内城/アクセス・場所・地図 島津貴久・義久・忠恒と島津氏当主が代々本城とした内城【お城特集 日本の歴史】

義久は秀吉に降伏したあとの文禄4年(1595年)、秀吉に遠慮してか本城を「富隈城」に移転した。その後、内城には義弘の嫡男「島津忠恒」が入城するが、たび重なる朝鮮出兵などで実際にはあまり使わなかった。

内城/アクセス・場所・地図 島津貴久・義久・忠恒と島津氏当主が代々本城とした内城【お城特集 日本の歴史】

慶長7年(1602年)、忠恒は島津氏の本城を鹿児島城(鶴丸城)へ移し、内城跡には「島津貴久(忠恒の祖父)」と義久の菩提寺である大龍寺を建立した。現在の城跡は大龍寺も廃寺となり大龍小学校となっている。

内城/アクセス・場所・地図 島津貴久・義久・忠恒と島津氏当主が代々本城とした内城【お城特集 日本の歴史】

一時とはいえ、島津氏の本城となった内城だが、城の遺構はほとんど残されていない。

内城/アクセス・場所・地図 島津貴久・義久・忠恒と島津氏当主が代々本城とした内城【お城特集 日本の歴史】






【内城・所在地・アクセス】
〒892-0805 鹿児島県鹿児島市大竜町11-44

【内城マップ】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る