刈谷城:家康の生母於大の方の実家で水野信元・忠重・勝成の居城 刈谷城【お城特集 日本の歴史】

刈谷城/アクセス・場所・地図 家康の生母於大の方の実家で水野信元・忠重・勝成の居城 刈谷城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
刈谷城

【刈谷城の説明】
刈谷城は現在の愛知県刈谷市にあった平城である。
築城時期は、天文2年(1533年)水野忠政により築城された。「徳川家康」の生母於大は刈谷城から岡崎城の「松平広忠」に嫁いでいる。

刈谷城/アクセス・場所・地図 家康の生母於大の方の実家で水野信元・忠重・勝成の居城 刈谷城【お城特集 日本の歴史】

刈谷城/アクセス・場所・地図 家康の生母於大の方の実家で水野信元・忠重・勝成の居城 刈谷城【お城特集 日本の歴史】

しかし、忠政の嫡男である信元(於大の兄)が今川氏から織田氏へ寝返ったため於大の方は広忠に離縁され、その後、改めて久松氏と再婚することになる。(松平広忠は今川義元に従っていた)

天正3年(1575年)信元は織田家重臣の「佐久間信盛」の讒言により信長から追放され義理の弟である家康に殺害される。刈谷城は佐久間盛信の城となり、盛信が信長から追放されてようやく水野氏の城となった。そして城主には信元の末弟「忠重」がついた。

刈谷城/アクセス・場所・地図 家康の生母於大の方の実家で水野信元・忠重・勝成の居城 刈谷城【お城特集 日本の歴史】

その後、勝成、忠清と水野氏の統治を経て、寛永9年(1632年)に深溝松平家が入城する。その後は久松松平家、稲垣氏が3代、阿部氏が2代、本多氏、三浦氏と城主が目まぐるしく変わり、延享4年(1747年)からは土井氏が入封しそのまま幕末・明治を迎えている。

刈谷城/アクセス・場所・地図 家康の生母於大の方の実家で水野信元・忠重・勝成の居城 刈谷城【お城特集 日本の歴史】

明治4年(1871年)の廃藩置県と廃城令を迎え、刈谷城は破却された。現在の刈谷城跡には本丸・曲輪の一部が残り「亀城公園」として整備されている。






【刈谷城・所在地・アクセス】
〒448-0833 愛知県刈谷市城町1-49

【刈谷城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る