真壁城:佐竹義重の重臣で鬼真壁と呼ばれた真壁氏幹が城主の真壁城【お城特集 日本の歴史】

真壁城:佐竹義重の重臣で鬼真壁と呼ばれた真壁氏幹が城主の真壁城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
真壁城

【真壁城の説明】
真壁城は、承安2年に「真壁長幹」によって築かれた平城で真壁氏代々の居城である。
戦国時代には「真壁氏幹」が佐竹義重に従い結城氏や北条氏と戦っている。

真壁城:佐竹義重の重臣で鬼真壁と呼ばれた真壁氏幹が城主の真壁城【お城特集 日本の歴史】

氏幹は武勇に優れ佐竹氏の戦のほとんどに参戦し常に最前線で闘い「鬼真壁」と呼ばれ恐れられた。
※真壁氏幹は塚原卜伝に剣術を学んだとされている。

真壁城:佐竹義重の重臣で鬼真壁と呼ばれた真壁氏幹が城主の真壁城【お城特集 日本の歴史】

慶長3年(1598年)に氏幹は家督を甥の「真壁房幹」に譲り隠居する。
慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」では主君「佐竹義宣」が西軍の石田三成につき、戦に敗れたため出羽の秋田(久保田)城へ転封となり、真壁房幹もこれに従う。

真壁城:佐竹義重の重臣で鬼真壁と呼ばれた真壁氏幹が城主の真壁城【お城特集 日本の歴史】

真壁房幹は角館の地を拝領したが、氏幹はそのまま常陸国へ残ったといわれている。
一方、真壁城は「浅野長政」に隠居城として与えられ長政の死後は「浅野長重」が5万石にて跡を継ぐ。
しかし長重は元和8年、笠間城へ転封となり真壁城は廃城となった。

真壁城:佐竹義重の重臣で鬼真壁と呼ばれた真壁氏幹が城主の真壁城【お城特集 日本の歴史】

【真壁城・場所・アクセス】
茨城県桜川市真壁町古城






【真壁城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る