徳野藩/平岡家1万石:平岡頼資 家督争いの為廃藩となり旗本として残った平岡家【幕末維新写真館】

徳野藩/場所・アクセス・地図 平岡家1万石:平岡頼資 家督争いの為廃藩となり旗本として残った平岡家【幕末維新写真館】

【藩名】
徳野藩

【説明】
慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で東軍に寝返ったことで有名な「小早川秀秋」だが、その寝返り工作をした家老に「稲葉正成」と「平岡頼勝」がいた。頼勝は慶長7年(1602年)に秀秋が死去して小早川家が断絶すると流浪の身となり、やがて「徳川家康」に召し出されて慶長9年(1604年)8月、美濃国内に1万石を与えられ徳野藩が立藩された。頼勝は慶長12年(1607年)2月29日に死去、徳野藩は息子の頼資が継いだ。

ところが頼資の晩年から家督争いが起こり、承応2年(1653年)正月8日に頼資が死去すると、この争いのために頼資の子「頼重」は家督相続が認められず、幕命によって徳野藩は改易・廃藩となった。但し、平岡氏は頼重が1,000石の所領を持つ旗本として存続を許された。

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る