長岡藩/牧野家7万4千石:牧野忠訓 河井継之助が新政府軍に徹底抗戦した長岡藩【幕末維新写真館】

長岡藩/場所・アクセス・地図 牧野家7万4千石:牧野忠訓 河井継之助が新政府軍に徹底抗戦した長岡藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
長岡藩

【説明】
幕末時に長岡藩筆頭家老に就任した「河井継之助」は最期まで中立の立場で武装講和を望んでいた。しかし、新政府軍参謀の「岩村精一郎(土佐藩)」との間で「小千谷会談」にて河井の提案は一蹴されてしまう。年若い岩村では河井の心境を推し量れなかったと言われている。

長岡藩/場所・アクセス・地図 牧野家7万4千石:牧野忠訓 河井継之助が新政府軍に徹底抗戦した長岡藩【幕末維新写真館】

ここにきて河井は藩論を戦守と定め、「奥羽越列藩同盟」に加わり新政府軍との戦端を開いた(北越戦争)。初戦は連勝していたが新政府軍参謀「山形有朋」の奇襲攻撃により長岡城は落城する。落城した長岡城を一度は奪還したものの、火力・兵員共に上回る新政府軍に押しに押され再び落城し、藩士や領民の多くは会津へと落ち延びた。

長岡藩/場所・アクセス・地図 牧野家7万4千石:牧野忠訓 河井継之助が新政府軍に徹底抗戦した長岡藩【幕末維新写真館】

北越戦争の勝敗を決した要因の一つとして、新発田藩(溝口家)の裏切りがあげられる。そのため、長岡藩の新発田藩に対する怨念は薩摩藩・長州藩以上のものとなったと言われている。

※幕末時に筆頭家老だった河井継之助
幕末時に筆頭家老だった河井継之助

降伏した長岡藩はお家再興を認められたものの、5万石を没収されて2万4,000石となり、財政的に窮乏を極めた。藩は「北越戦争」で壊滅的な被害を受けた上、食糧不足に陥ったが、大参事「小林虎三郎」や「三島億二郎」が復興に尽力した。

その後、全国的な「廃藩置県」に先立つこと1年、明治3年(1870年)に長岡藩は廃藩し柏崎県に編入された。明治6年(1873年)には柏崎県と新潟県が統合され、新潟県となる。藩主の牧野家は華族に列し、子爵を与えられた。維新前最後の藩主「牧野忠訓」の弟にあたる「牧野忠篤」は、1906年に初代長岡市長になっている。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る