八上城:明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】

八上城/アクセス・地図・場所 明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
八上城

【八上城の説明】
八上城は兵庫県篠山市にあった山城である。
中世・室町時代・戦国時代にかけて丹波国の国人「波多野氏」が代々治める城であった。

八上城/アクセス・地図・場所 明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】

波多野稙通が応仁の乱にて戦功をあげてこの地に城を築いたことから八上城の歴史が始まり、戦国時代初期になると高城山の山頂付近に本丸を築き篠山盆地周辺の防衛に努めた。

八上城/アクセス・地図・場所 明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】

弘治3年(1557年)、三好長慶の寵臣「松永久秀」によって城を奪われたものの、永禄9年(1566年)に「波多野秀治」が奪還している。

八上城/アクセス・地図・場所 明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】

天正3年(1575年)になると「織田信長」の命を受けた「明智光秀」による丹波攻略が開始され、毛利輝元や赤井氏の支援を受けて長い間籠城戦を繰り広げたがついに開城・降伏。秀治・秀向兄弟は京都へと送られ信長の命により磔の刑に処されここに波多野氏は滅亡した。

八上城/アクセス・地図・場所 明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】

慶長7年(1602年)、八上城には「前田茂勝(前田玄以の子)」五万石にて入城するが慶長13年(1608年)に改易された。
その後八上城に入封した「松平康重」が篠山城を築城したため八上城は廃城となった。

※本丸跡の波多野秀治公表忠碑
八上城/アクセス・地図・場所 明智光秀に攻められて籠城戦を展開した波多野秀治の居城 八上城【お城特集 日本の歴史】






【八上城・所在地・アクセス】
〒669-2432 兵庫県篠山市八上内

【八上城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る