相馬中村藩/相馬家6万石:相馬誠胤 奥羽越列藩同盟に参加し仙台藩・米沢藩と共に新政府軍と交戦したが早々に恭順した相馬中村藩【幕末維新写真館】

相馬中村藩/場所・アクセス・地図 相馬家6万石:相馬誠胤 奥羽越列藩同盟に参加し仙台藩・米沢藩と共に新政府軍と交戦したが早々に恭順した相馬中村藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
相馬中村藩

【説明】
慶応4年(1868年)の戊辰戦争では南境の「磐城平藩」や北境の「仙台藩」とともに「奥羽越列藩同盟」に参加し、浜街道を北上してきた新政府軍に対して「仙台藩」や「米沢藩」と共に応戦(磐城の戦い)した。しかし、中村藩は旧式の装備に小藩でもあり、既に「奥羽越列藩同盟」の敗色が濃厚であると判断し、早々に新政府軍に降伏した。

相馬中村藩/相馬家6万石:相馬誠胤【幕末維新写真館】

同年7月には「奥羽越列藩同盟軍」へ参加している藩兵への糧食の供給を停止し、8月2日に開かれた重臣会議により同盟軍からの離脱と、新政府軍への降伏を決定した。すぐさま仙台藩の重臣からの抗議を受けたがこの決定は覆されず、8月7日には薩摩藩兵や長州藩兵らと共に奥羽鎮撫総督「四条隆謌」が中村城に入り名実ともに降伏した。

相馬中村藩/相馬家6万石:相馬誠胤【幕末維新写真館】

これ以後、中村藩は新政府軍の軍事拠点となり「中村城」は解体された。明治4年に発令された「廃藩置県」により中村藩は消滅し「中村県」が成立した。その後、中村県は平県と合併されて「磐前県」となり、さらに「福島県」に併呑されることになる。

相馬中村藩/相馬家6万石:相馬誠胤【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】
〒976-0042 福島県相馬市中村北町140






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る