鶴ヶ城(1/460 会津若松城)日本の名城プラモデル 初心者版

鶴ヶ城(1/460 会津若松城)日本の名城プラモデル 初心者ビギナー版
お城 鶴ヶ城(会津若松城)
価格 ¥ 1,200

● スケール:1/460
● 完成時サイズ:長さ175×幅115×高さ90mm
● 箱サイズ:330×190×47mm

お城プラモデル通販【信城堂】

日本の名城ビギナー版の鶴ヶ城(会津若松城)です。城郭模型を一層深く楽しんでいただくために天守閣だけでなく、城郭の内外や周辺の情景をコンパクトに精密に縮小したプラモデルです。プラモデル用塗料などで塗装を行ってから組み立てると、より臨場感のあるお城が出来上がります。塗装をすると雰囲気が一層深まりますのでお試し下さい。お気に入りの名城をぜひ製作してみてください。


【時代背景】
福島県会津若松市にある鶴ヶ城は現在も多くの観光客で賑わう由緒ある城である。室町時代から「蘆名氏」が代々この地を治めていたが、戦国時代末期に米沢から領地拡大を続けていた「伊達政宗」によって攻略されてしまう。この時期の鶴ヶ城は「黒川城」と呼ばれていた。嘉明亡き後の加藤家ではお家騒動が絶えずついに転封が決まり、徳川二代将軍秀忠の庶子「保科正之」が会津23万石で入封し、その後幕末期までの長い時代を保科家(その後松平性に改名)が治めることになる。

幕末時には各地で新政府軍と旧幕府軍との間で戦が起こり、これを「戊辰戦争」と呼ぶ。鳥羽伏見の戦い、甲州勝沼の戦い、上野彰義隊の戦い、旧幕府脱走軍による宇都宮の戦い、長岡の戦いを経てついに戦場は会津城下にまで迫ってきた。会津藩は各地へ正規軍を派遣しており城にはわずかな老兵と若い兵しか残っていなかった。

鶴ヶ城(1/460 会津若松城)日本の名城プラモデル 初心者ビギナー版

鶴ヶ城(1/460 会津若松城)日本の名城プラモデル 初心者ビギナー版

鶴ヶ城(1/460 会津若松城)日本の名城プラモデル 初心者ビギナー版

お城プラモデル通販【信城堂】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お城プラモデル通販

お城プラモデル通販【信城堂】

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。

– PR –

ページ上部へ戻る