海援隊士全56名情報


海援隊士全56名情報

Google Play

坂本 龍馬

坂本龍馬は誰もが知る有名な歴史上の人物で、大政奉還の影の立役者であり、薩長同盟の立役者でもある。
勝海舟が幕府の許可を得て運営していた神戸海軍塾が取りつぶしとなった後、龍馬ら土佐脱藩浪士達は行く場をなくし途方に暮れていた。

陸奥 陽之助

陸奥陽之助は維新後の外務大臣「陸奥宗光」である。
カミソリ大臣と言われていたことは有名である。

長岡 謙吉

長岡謙吉は、幕末期の土佐藩出身者で海援隊の隊員の一人である。
別名は今井純正。

新宮 馬之助

新宮 馬之助は、土佐藩出身の海援隊隊士である。
別名は寺内信左衛門と言う。

近藤 長次郎

近藤 長次郎は、幕末期の土佐出身の人物である。
別名は上杉宋次郎。

高松 太郎

坂本直は土佐藩出身の海援隊隊士。坂本龍馬の甥であり、龍馬暗殺後は家督を継いだ。
幕末は高松太郎と名乗る。

菅野 覚兵衛

菅野覚兵衛は土佐出身の海援隊隊士で明治時代の軍人である。
旧名 千屋 寅之助。
妻は起美(君江、坂本龍馬の妻・お龍の妹であるため、龍馬とは義兄弟にあたる)。

白峰 駿馬

白峰駿馬は長岡藩出身の海援隊士。
初名は鵜殿豊之進。

沢村 惣之丞

沢村惣之丞は、幕末の土佐藩出身の人物で。
別名、関雄之助。

池 内蔵太

池内蔵太(いけくらた)は、幕末の土佐藩郷士。
別名に細川左馬之助。

石田 英吉

石田英吉は、土佐藩士で明治の政治家。変名を伊吹周吉という。
土佐藩の医師の家に生まれる。家業を継ぐため大坂の適塾で緒方洪庵に師事し、医術を学んだ。

安岡 金馬

弘化元年、土佐郡福井村(高知市)に安岡忠郷の二男として生まれる。
別名平安佐輔。

黒木 小太郎

黒木小太郎は因幡藩(鳥取)出身の海援隊士。

佐柳 高次

佐柳高次は、讃岐国塩飽佐柳島の海援隊隊士。
本名は前田常三郎。

海援隊士全56名情報

Google Play

渡辺 剛八

渡辺剛八は、越後出身の海援隊隊士。
激論家で知られたという。

橋本 久太夫

橋本 久太夫は、越後出身の海援隊隊士。

腰越 次郎

腰越次郎は越前藩出身で変名を野村幸次郎。
亀山社中が設立される比較的早い時期から参加していたものと推測される。

野村 辰太郎

土佐国土佐郡小高坂村の出身で土佐藩士、白札格の野村亀四郎の長男である。

山本 洪堂

山本復輔は土佐藩出身の志士で明治期の役人。
亀山社中・海援隊の一人。
明治期は山本洪堂(号)と名乗る。

中島 作太郎

中島信行は、土佐藩出身の政治家。
男爵、通称は作太郎。
最初の妻は陸奥宗光の妹中島初穂(1877年死去)で、後妻は女性解放運動家の岸田俊子。

吉井 源馬

土佐国土佐郡南新町の土佐藩士吉井駒大(吾)の長男として生まれる。

佐々木 栄

佐々木栄は越前藩出身の海援隊士である。
詳細は不明だが、慶応三年の夏頃に海援隊へ参加している。

関 義臣

関義臣は、越前福井藩出身の海援隊士。
別名を山本龍二郎。

宮地 彦三郎

高知城下新町田渕(現在の高知市桜井町)の御用人宮地六丞真景の二男として、天保十年十月十五日同地に生まれた。

小谷 耕造

越前藩出身の海援隊士である。

坂本 清次郎

坂本清次郎は幕末期の土佐藩出身の海援隊士で、明治期の自由民権運動家。

三上 太郎

福井越前藩出身の海援隊士である。

中江 兆民

中江兆民は、明治時代の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)である。

■ 島本 要

島村要(土岐真金)は、天保11年(1840)に土佐藩足軽・島本信平の長男として生まれる。

丸岡 莞爾

丸岡莞爾は、天保7年(1836)久万(現・高知市久万)に吉村三助の長男として生まれ、通称は吉村三太。
妻は武市半平太の叔母。

竹中 与三郎

竹中与三郎は、神戸に隣接する小村二茶屋村の出身の海援隊士。

勝間 桂三郎

勝間桂三郎は龍馬暗殺前後の海援隊員で詳しいことはわかっていない。

桂井 隼太

桂井隼太は龍馬暗殺前後の海援隊員で詳しいことはわかっていない。

島田 源八郎

島田源八郎は龍馬暗殺前後の海援隊員で詳しいことはわかっていない。

島橋 兼吾

島橋兼吾は龍馬暗殺前後の海援隊員で詳しいことはわかっていない。

武田 保輔

武田保輔は土佐の勤皇志士。
脱藩後海援隊に参加したが、龍馬暗殺前後の海援隊員で詳しいことはわかっていない。

掘謙 司

掘謙司は龍馬暗殺前後の海援隊員で詳しいことはわかっていない。

得能 猪熊

龍馬暗殺後に海援隊書記長長岡謙吉の提唱で、慶応3〜4年に土佐藩有志によって組織された旧幕領小豆島の占領治安維持部隊で隊士12名の中の一人。

長岡 謙次郎

長岡謙次郎は土佐藩出身の新海援隊士で長岡謙吉の弟である。

橋詰 啓太郎

橋詰啓太郎は土佐藩出身の新海援隊士。

波多 彦太郎

後波多彦太郎は土佐藩出身の新海援隊士である。

波多 恭輔

波多恭輔は彦太郎の弟で土佐藩出身の海援隊士。
兄と同じく河田小竜の門で勉強していた。

間崎 専吉

土佐藩出身の新海援隊士。

中村 官兵衛

中村官兵衛は土佐藩出身の新海援隊士。

由比 畦三郎

由比畦三郎は海援隊と関係が深かった土佐藩士。
土佐藩の藩船「夕顔」船上で坂本龍馬が船中八策を口述し長岡謙吉に書き取らせた時の船長がこの人物。

森田 晋三

土佐藩出身の海援隊士であるが、土佐藩から出向という形である。

高橋 勝右衛門

高橋勝右衛門は土佐藩士出身で海援隊の出崎官である。

長谷部 卓爾

長谷部卓爾は越前藩出身の海援隊士。

瓜生 震

瓜生震は嘉永6年生まれの越前藩出身の海援隊士。

福島 某

越前藩出身の海援隊士である。

小曽根 英四郎

小曽根英四郎は、幕末時代に活躍した長崎の豪商で海援隊の支援者でもあり隊員の一員でもある。

佐々木 高行

佐々木高行は土佐藩士で土佐藩からの出先官である。

岡内 俊太郎

岡内俊太郎は土佐藩出身の海援隊士。

岩崎 弥太郎

岩崎弥太郎は土佐藩が派遣した海援隊の会計係である。

※詳細はこちらから【Google Play】 ↓↓
海援隊士全56名情報

Google Play


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る