お台場:幕末江戸湾海上防衛のため江川太郎左衛門が建設した砲台跡(第三台場・第六台場)【史跡 日本の歴史】

お台場/アクセス・場所・地図 幕末江戸湾海上防衛のため江川太郎左衛門が建設した砲台跡【史跡 日本の歴史】
4/5 (2)

【史跡名】
お台場砲台跡

【お台場砲台跡の説明】
嘉永6年(1853年)、ペリー艦隊が日本に来航するとこれに驚いた徳川幕府は急遽江戸湾の防衛強化を急いだ。この頃、韮山代官の「江川太郎左衛門」が江戸湾砲台建設の提案書を出しており、幕府はこの提案を受け太郎左衛門に建設も命じた。

お台場/アクセス・場所・地図 幕末江戸湾海上防衛のため江川太郎左衛門が建設した砲台跡(第三台場・第六台場)【史跡 日本の歴史】

当初は11から12基の砲台を建設予定だったが最終的に完成したのは第八砲台までであった。幕府はペリーが次に来航するまでに建設を終えるよう命じ、工事は最優先で進められた。台場は石垣で囲まれた「正方形」や「五角形」からなる洋式台座で、大砲は当時最新鋭の武器を備えた佐賀藩より洋式砲を調達した。

第二回ペリー来航までに工事は概ね終わり、これによりペリーは江戸湾の奥深くまで艦隊を侵入させず横浜へ上陸した。海上砲台は一応の完成をみたが、大老「井伊直弼」が半ば強引に開国をしたことにより、一度も砲火を交えることなく明治時代を迎えた。

お台場/アクセス・場所・地図 幕末江戸湾海上防衛のため江川太郎左衛門が建設した砲台跡(第三台場・第六台場)【史跡 日本の歴史】

台場の防衛には、第一台場「川越藩」・第二台場「会津藩」・第三台場「忍藩」というように割り振られた。現在の海上砲台跡は「お台場海浜公園」として整備されており、その中の「第三台場」へは地続きのため観光することが出来る。

また、陸では繋がっていない「第六台場」も砲台の遺構として残っている。






【お台場砲台跡(第三台場・第六台場)・場所・アクセス】
〒135-0091 東京都港区台場1-10

【お台場砲台跡(第三台場・第六台場)地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


みんなの史跡評価ランキング

1 八王子城:豊臣軍に落とされた北条氏照の居城 日本100名城の一つ八王子城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (3)
2 岩屋城:名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (3)
3 唐津城:豊臣家の寺沢広高が築城し幕末には小笠原長道が居城 唐津城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
4 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
5 名古屋城:豊臣秀頼への抑えとして天下普請により築城 御三家徳川義直の名古屋城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
6 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
7 首里城:尚氏が長年統治した琉球王朝 江戸時代初期薩摩藩の侵攻にて開城した首里城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
8 岡山城:乱世の梟雄 宇喜多直家・秀家の居城 岡山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)
9 郡上八幡城:戦国期は遠藤慶隆が城主であり幕末時は青山家の居城 郡上八幡城【日本の歴史 お城特集】
5/5 (2)
10 竹田城:圧倒的な石垣に囲まれた典型的な山城 赤松広秀が大改修した天空の城 竹田城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (2)

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る