前田利家像:織田信長の家臣にて荒子城主でもあった前田利家像(荒子駅前)【史跡 日本の歴史】

前田利家像:織田信長の家臣にて荒子城主でもあった前田利家像(荒子駅前)【史跡 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【史跡名】
前田利家像

【説明】
荒子城主は兄の「前田利久」が継ぐ予定であったが織田信長の小姓であり、お気に入りでもあった利家が兄をさしのけて荒子城主に任命された。
前田家としても権力者信長の意に反することは出来なかったのである。

その後、数々の武功を立て越前府中城主、金沢城主に任命され加賀100万石のいしずえをつくった。
若かりし頃の前田利家像が現在の荒子駅前に建立されている。

【前田利家像・アクセス・場所・地図】
〒454-0874 愛知県名古屋市中川区吉良町138−2






【前田利家像地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る