佐井虎次郎 宛の手紙【坂本龍馬の手紙】

佐井虎次郎 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳
※この史跡はまだ評価がありません※

佐井虎次郎 宛

原文
此度のお咄お、クハ敷成可被遣候。愚兄の内此佐井ハ北奉行人町杉山佐井虎次郎幸助方ニて御尋可被遣、此杉山にも私の咄御なし可被遣候。佐井よりハ曽而手紙参りたり、いまだ返書不出候得バ、此度の事くハしく御咄し被遣、其上彼手紙の礼も御申可被遣候。竜馬が乳母此うバわ私しお、きづかいおり候ものゆへ、何卒此ぶじなる事を御直ニ御申、愚兄が家御出被下候時に御まねき被成候得バ、早々参上仕候。
現代文
この度のお手紙は、詳しく書きますね。兄の家へこの佐井虎次郎(土佐藩士)が北奉公人町の杉山幸助の家に訪ねてきますので、その旨、杉山にも私の話をしてあげて下さい。※佐井虎次郎(のちに捕縛された近藤勇を板橋で斬首した人)佐井虎次郎よりかつて手紙を頂いたが、いまだに返事はだしていないので、これも詳しく話してあげて下さい。これは佐井へのお礼も兼ねた手紙です。龍馬の乳母。この乳母は私を、心配してくれている人ですので、何とぞ御無事でいるといいと思ってます。兄の家へ来て下さる時に、呼んで頂ければ、急いで行かせて頂きます。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る