幕府要人 宛の手紙【坂本龍馬の手紙】

幕府要人 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳

※この史跡はまだ評価がありません※

幕府要人 宛

原文
幕の為に論ずれバ、近日要路に内乱起り、相疑相そしり益不可通と言勢となるべし。当時実に歎ずべきハ伏水にとりのがしし浪人の取落セし書面を以て、朝廷にもぢいて論にかけ、ついに会津人陽明家をなじり此郷御立腹など在此候よし、したしく聞申たり。是幕中内乱を生じ申べき根本たるべし。当時ニ在りて幕府をうらみ奉るもの在れバ、天幸の反間と申べし。─彼浪人「其人」─ハ伏水の事位ニてハ決して幕をうらみ申よしなし。然レ共万一うらむが如きハ幕府目下のうれいとなるべし。故ハ浪人ハ関以西強国と聞へし君主、及要路のものと信を通じ有る事、彼飛川先生が天下人物と信を通ずるが如し。彼長の芸州の事の如きハ今時ハ不絶聞事なり。長の方へハ幕情不通なり。長ハ唯だまされぬ心積計也。此情を通センと思が如きハ、右浪人ニ命セバ唯一日ニして事をわらんのミ。今幕の勢を見るに兼而論ずるが如きよふニ長をうつニ力なく又引取らんニハよしなき也。其論且所置を見て天下皆是を笑ハざるなく、是必近日の事今より可見、実に不可言。幕為ニ今の勢を以て論ゼンにハ幕府ハ一決断を以て浪輩を引取り、江戸において政を大ニ改メ、将軍自ら兵士に下り、日々胆をなめはぢを忘れたるやの古事さへ忘れずバ、今十年間八州を以て又天下をたなご〃ろとすべし。目今大不幸、官吏皆因修、是又天下の不幸-三月-
現代文
幕府の上層部は近日には内乱がおこると思っており、お互いに疑いの目で見あってますます意見が一致していない。実に嘆くべきことは伏見で取り逃がした浪人(龍馬自身のこと)が落とした書面で、これを朝廷の意向に反対している証拠とし、ついに会津や幕府の役人などはなじったりご立腹している様子です。これが幕府の内乱を生じている根本になったりもしている。この浪人(龍馬自身)は伏見の事くらいでは決して幕府を恨みはしない。でも万が一恨むとなると幕府の目下の心配事となる。この浪人(龍馬自身)は関西の方のさる雄藩とよしみを通じていて、幕府の要人とも通信している。勝先生(勝海舟)が天下の人物とよしみと通じているのと同じようだと。長州藩の対応で追われている広島でのことは、絶えず耳に入る。長州藩の方へは幕府の考えは伝わっていない。長州藩はただだまされないようにと心がけている。この話を長州藩に教えてやりたいと思う。このような交渉は右浪人(龍馬自身)に命令すればただの一日にて解決出来るのに。今幕府の情勢をみるに、かねてから話しているように長州藩を攻める力もなく、また、不問にして引き返すにも理由がない。このようなことを見ても、天下の笑い物になるだろうと、今から予想が付く。このため、今の勢いをもって話をすれば幕府は、一つの決断をして浪輩(新撰組や見回り組)を要所に着けて、江戸での政治を大いに改めなければならない。そして、将軍みずからが一兵卒になる気持ちで、臥薪嘗胆の心がけを忘れなければ、今後10年は関東8州をおさめてまた天下を手にできるでしょう。今の状況はひどくよくなく、役人は昔のままです。これまた天下の不幸です。3月

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る