高松太郎 宛の手紙【坂本龍馬の手紙】

高松太郎 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳
※この史跡はまだ評価がありません※

高松太郎 宛

原文
細左馬事、兼而海軍の志在、曽而馬関を龍と同伴ニて上京致候。在故て薩に下らんとす。今幸ニ太郎兄が帰長の事を聞ク。今なれバ彼ユニヲンに左馬をのせ候ても宜かるべく、左馬事ハ海軍の事ニハ今ハ不幸者と雖ども、度々戦争致候ものなれバ、随分後にハ頼も敷ものとも相成候べしと楽居候。もしユニヲンのつがふが宜しいとなれバ、西吉、小大夫の方ハ拙者より申談候てつがふ宜く候。能御考可被下候。早々頓首々。八日龍此書錦戸ニ頼ミ遣ス。但シ太郎ハ又変名在之。多賀松太郎様龍
現代文
かつて馬関(下関)にいた細左馬(池内蔵太の変名)のことですが、かねてより海軍の志があり、今回一緒に京都へ行きます。わけあって、薩摩藩へ行きます(寺田屋での傷の養生の為)。幸いにも高松太郎(龍馬の甥)が長崎へ向かうと聞いた。内蔵太をユニオン号に乗せるにはちょうどいいと思う。※長州藩名(乙丑丸)、薩摩藩名(桜島丸)、海援隊名(ユニオン号)この船は龍馬が長州藩と薩摩藩のあっせんにより共同で購入してもらった。彼は今のところは海軍のことはあまり知らないけれども、今まで何度も戦争を経験してきたので今後は実に頼もしい存在です。もし、ユニオン号の都合がよければ、西郷吉之助、小松帯刀の方には私の方から宜しく伝えておきます。よくお考え下さいませ。8日龍馬よりこの手紙は錦戸(陸奥宗光の変名)に頼みます。ただし、太郎の名前には(高松太郎)は変名を使います。多賀松太郎様(高松太郎:龍馬の甥)龍馬より

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る