木戸孝允 宛

木戸孝允 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳

※この史跡はまだ評価がありません※
原文
表に御記被成候六条ハ、小、西、両氏及老兄、龍等も御同席ニて談論セシ所ニて、毛も相違無之候。後来といへども決して変り候事無之ハ、神明の知る所ニ御座候。丙寅二月五日坂本龍
現代文
表に記載されたことは、小松帯刀、西郷吉之助、両氏及び桂小五郎、龍馬も同席の上で合意したことで、少しもそれに間違いございません。今後とも決して心変わりしないと、神に誓います。丙寅(1866年)2月5日坂本龍馬※一介の浪士坂本竜馬が薩摩・長州の秘密同盟の書面の裏面に、このような保証人となること記したこと自体が奇跡であり、龍馬が今なお高い評価を受けている所以である。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る