印藤聿 宛

印藤聿 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳
※この史跡はまだ評価がありません※

印藤聿 宛

原文
三吉兄ハ此頃御同行ニて薩邸ニ入候間、御安心可被遣候。然ニ去月伏見船宿寺田屋ニて一宿仕候節、幕府人数と一戦争仕候。其故ハ此度参ル寺内新右門参候間、御聞取奉願候。餘ハ拝顔の上、万々。二月三日謹言。印藤様龍拝
現代文
三吉(長府藩士三吉慎蔵は龍馬の護衛)は一緒に薩摩藩邸に入りましたのでご安心下さい。※長府藩は長州藩の支藩(支藩とは今で言う子会社のようなもの)されど去年伏見の寺田屋で幕府の役人数人から襲撃されました。なので、今回は寺内新右門(海援隊士新宮馬之助のこと)がそちらへ行きますので話を聞いて下さい。あとはお会いして話しましょう。2月3日印藤様(長府藩士)龍馬より

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る