印藤聿 宛

印藤聿 宛の手紙 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳

※この史跡はまだ評価がありません※
原文
二白、今夜も助太夫とのみ呑ており申候。昨夜道路中うかゞい候事件色々相考候所、何レ急成ハかへりて両方の志通じかね候ヘバ、何を申ても共に国家をうれへ候所より成立候論なれば、両方の意味が通達して両方から心配して其よろしきおへらみ候方よろしく、そふなけれバ両方より道也、義也と論を吹合候よふニなれバ、かへりてがいを生じ候べく、談笑中ニともに宜を求め候よふでなけれバ、とても大成ハなりがたくと奉存候。何レ御深慮千万の中と奉存候。右御報拝捧候。十二日龍印藤大兄足下猶けふハ船の事大ニ御セ話被遣候。御礼千万語言にかへかね候。〇いさ順助兄も唯今出崎時計御頼ニ候て御帰り被成候。再拝々。印藤大将軍陣下龍返報入
現代文
追伸、今夜も伊藤助太夫と飲んでいます。昨夜から貴方からご相談された件で考えていました。何にしても急ぎすぎてはかえって双方の心が通じないことと思います。、何と言ってもお互いに国家のことを憂いていることは同じてあり、双方の考えを理解しあうことが大事です。そうでなければ、双方あれやこれやの議論になり、かえって障害が発生することになります。笑いなどを絡めて和やかな会談にしなければとても大成させることは難しいと思う。何にしてもよく考えないといけないですね。その旨、上記の事ご報告致します。12日龍馬より印藤聿様へ※印藤聿(長府藩士でのちの豊永長吉)なお、本日は船のことで本当に世話になりました。お礼の言葉もありません。順助兄(小野淳輔のことで、甥の高松太郎が改名した名前)もただいま外出先から帰ってきました。印藤聿様へ龍馬より

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る