坂本権平・乙女・おやべ(春猪) 宛(桂小五郎なるものあり)

坂本権平・乙女・おやべ(春猪) 宛(桂小五郎なるものあり)

※この史跡はまだ評価がありません※

坂本権平・乙女・おやべ(春猪) 宛(桂小五郎なるものあり)

原文
九月六日朝、はからず京師寺町ニ川村盈進入道ニ行合、幸御一家の御よふす承り御機嫌宜奉大賀候。二に私共初、太郎無異儀憤発出勢罷在、御安慮奉願候。一、目今時勢御聞入候。当時さしつまりたる所ハ、此四月頃宇和島候より長州え送一封の事也。夫ハ此度将軍長征ノ故を、幕史より書付を以て送りタル写し也。其文に曰ク、此度進発在ルハ長州外夷と通じ、容易ならざる企有之候。尤和蘭コンシュル横浜に於て申立也と。又曰ク下の関ニ私ニ交易場を開キたり。其外三条皆小事件也。時ニ龍ハ下春江戸より京ニ上り、夫より蒸気の便をえしより、九国ニ下り諸国を遊ビ、下の関ニ至る頃、初五月十日前なりし。当時長州ニ人物なしと雖、桂小五郎ナル者アリ。故に之ニ書送リケレバ、早速ニ山口ノ砦を出来り候。数件の談アリ。末ニ及ビ彼宇和島より来るの書の事ニ及ビ候。龍此地ニ止ル前後六十日斗ナリ。其頃和蘭舶中国海より玄海ニ出ルアリ。時ニこれを止ム。長官ノ者上陸人数八名、其内英人一名アリ。桂小五郎及伊藤俊輔ラ、大ニ憤リ、アル時ニ当レバ彼ノ宇和島より来ル所の書を以て曰ク、─此時春外長二名及龍馬もアリ─無種の流言して幕府長との中をたがへ、目今将軍大兵を発し大坂ニ来ル、是和蘭の讒より起りし事也。何故ニ候やと申ヨリ初メ前後談数語別ニ書有、和蘭人も赤面し義セしナリ。和蘭曰ク毛も長を讒セし事なし。是即小倉候ヨリ長州の讒申立しニよりし、則小倉より申立し書付ハ外国奉行より見セくれしより、手帳ニ記シアリし故、御見目かけ申べし。夫を幕史らが和蘭より申立し事と、事をあやしく仕立しなりと申しき。長、伊藤俊輔曰ク、然レバ近日幕兵一戦ニ及バ〃、先初ニ此談ニ及ぶべし。又小倉えも此国より無種流言其罪を責候べし。其時ハ立合呉候べきかと尋候。蘭うなづき承知致セし、夫ハさてをき上の事を一々書付を以て此頃小倉を責問セしニ、小倉言葉なく幕府ニ其長の書と小倉の家老の付紙とを以て、急ニ御詮議被下度とて願出候。此上の事許ハ先、幕か蘭か小倉か其罪をうけずしてハすまず。〇此頃幕府より長州家老又ハ末藩召出しの儀を下したり。然ニ長州ハ曽てより不出と云儀を定たり。幕ハ不出バ大兵西下と義を定メ、諸々触出したり。其兵を出スの期根ハ九月廿七日也。此頃、長ハ兵を練候事甚盛。四月頃より今ニ至ルまで、日々朝六時頃より四ツ時頃迄、国中の練兵変ルことなし。先三百人より四百人を一大隊とす。一大隊ごとニ惣官参謀あり、郷〃村〃朝〃大隊の練兵す。日本中ニハ外ニあるべからず。其国に入レバ山川谷〃皆〃護胸壁計ニて、大てい大道路不残地雷火ニて、西洋火術ハ長州と申べく、少し森あれバ野戦砲台あり、同志を引て見物甚おもしろし。私夫より此頃上京ニ有り、又摂ニ有、唯頓所ニ居申候。御安心可被遣候。申上レバかぎりも無事ニて候間、後便ニのこし候七月七日稽首謹白龍馬尊兄大乙姉於ヲやべどの追白、乙大姉ニ申奉ル。かの南町のうバ〃どふしているやら、時々きづかい申候。もはやかぜさむく相成候から、なにとぞわたのもの御つかハし、私しどふも百里外、心にまかせ不申、きづかいおり候。此書御らんの後ハ安田順蔵大兄の本ニ御廻願入候。かしこ。
現代文
9月6日の朝、京都寺町で川村盈進(土佐藩の医師)と会い、幸いにも家族のことを聞くことが出来ました。私をはじめ、甥の高松太郎らは無事に精を出しております。目下のご時勢について書きますね。最近さしつまって言うことは、この4月頃宇和島候(伊達宗城)より長州へ送った一報のことです。それは、将軍が長州を成敗することを、幕府の役人の書面から写したものです。この書面いわく、この度の戦争は長州が外国と通じているので容易ならないからだと。オランダ総領事のファン・ポルスブルックが横浜で申しているとのこと。また、下関で私的に交易を開いたり、この他にも3つ程小さいことが指摘されています。時に、私は3月頃江戸から京都に行き、蒸気船で、九州に行き、諸国を回り、下関に着くのは5月10日前くらいです。長州藩には人物ナシと言われているが、桂小五郎という者がいます。だから、この手紙が届くころには早々に山口には堅固な砦が出来ているでしょう。このほか、数件のお話があります。今月の末に宇和島より来た手紙のことです。私はこの地(下関)に滞在する前後60日あまりです。最近オランダの船が中国方面の海から玄界灘に来ていて、長官の者が数人上陸しました。このうちイギリス人が1名います。しかし、最近は来なくなりました。桂小五郎や伊藤博文らは、おおいに怒っている。伊藤博文や他2名及び自分も含めて、宇和島から届いた書面を持って、これは「幕府と長州藩とを仲たがいさせるため将軍に大阪へ軍隊を送れとの讒言をオランダがしているのでは?なぜそのようなことをするのか」とオランダ人に詰めより、初めはごまかして他の話をしていましたが、この書面があることを見せるとオランダ人は赤面していました。オランダ人が言うには、毛頭長州藩の悪口を言ったことはないとのこと。これは小倉候(小笠原長行)の考えで、すなわち小倉候が言った発言は、外国奉行が見せてくれた手帳に書いてあって、それを見せてもらったと言っている。それを役人らがあたかもオランダ人が言ったかのように、こと怪しく言っているのだと申していた。長州の伊藤俊輔(伊藤博文)によれば、近日中に幕府と戦争に及ぶとのことなので、まずはこのお話をします。また、小倉から様々な流言がまかれていてこれを責めるべきです。この時は私も立ち会うべきだと思ってます。オランダ側は承知し、人はさておき、上記の事をいちいち書面をもって小倉藩を責め問い正してみると、小倉藩は言葉もなかったようです。このことばかりは、まず、幕府かオランダか小倉藩が責任を負わなければならない。幕府は長州藩の家老、または清末藩(長州藩の支藩)の責任者を呼び付けたようです。ですが、長州藩ではそれを断ったようです。幕府側は長州藩の責任者が出てこないのであれば、大軍をもって攻めに行くと決め、諸藩に伝えました。幕府軍が出陣する日時は9月27日とのことです。長州藩では兵の訓練を盛んに行っています。4月頃から今に至るまで日々朝の6時頃より22時頃まで国中で訓練している。300人から400人を一大隊としています。その一大隊ごとに総参謀がいて、村々や様々な郷で訓練してます。日本中にこのような軍隊はないでしょう。この国(長州藩)に入れば、山や川や谷ばかりで、たいていの主要道路は残らず地雷を埋めてあり、洋式の銃と言えば長州なりと言えるほどです。森があって野戦砲の砲台が据えられており、同志と見に行くとなかなかおもしろい。私は最近京都にいたり、大阪にいたりしております。ご安心して下さい。色々と書くときりがないので、また後ほど手紙を書きます。7月7日龍馬兄さん乙女さんおやべどの(姪の春猪)追伸姉さんへあの南町におりました乳母はどうしているでしょうか、とても気になります。最近は風も冷たいので、暖かい服でも送ってあげて下さい。私はとても遠くにいるのでどうしてるかなと気遣いしています。この手紙を見た後は、安田順蔵(甥っこ高松太郎の父)にも見せて下さい。それではまた。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る