坂本乙女・春猪 宛(天誅組の蜂起失敗をあわれむ)


※この史跡はまだ評価がありません※

坂本乙女・春猪 宛(天誅組の蜂起失敗をあわれむ)

原文
先便御こしの御文御歌など、甚おもしろく拝見仕候。私事ハ急用これあり、今日江戸へ参り申し候間、其御被知かたゞ先日の御文御歌さしあげ申候。〇先日大和国ニてすこしゆくさのよふなる事これあり。其中に池内蔵太、吉村寅太郎、平井のあいだがらの池田のをとをと、水道のをさとのぼふずなど、先日皆々うちまけ候よし。これらハみな〃しよふがわるいニつき、京よりうつてを諸藩へおふせられ候ものなり。皆々どふもゆくさする事をしらず、唯ひとまけにまけ候よし、あハれ私がすこしさし引をもいたし候時ハ、まだ〃うつての勢ハひとかけ合セにて、うち破り候ものをと、あわれに存申候。先ハ早〃、頓首龍より乙様春猪様足下猶かの柳のよふじのつがふの事ハをもわくいつふハいの所は川らづかまで申やり候。其文御らん々。
現代文
先の便で頂いた手紙や歌などは、これはもう面白く拝見させて頂きました。私は急用があって、本日江戸へ向かいます。知り合いの方々へ先日の手紙や歌の返書を書かせて頂きます。先日大和の国(今の奈良県)で戦争がおこりました。(大和天誅組の乱)この中には、池内蔵太、吉村寅太郎、平井収二郎・加尾の従兄弟の池田忠三郎の弟・土居左之助、自分の実家の近くだった茶道家出身で武芸の達人の上田宗児なども参加し、みんな戦で負けました。さらに悪いことに、京都から討手を諸藩へ命令しています。みんな戦争の専門家でもなく、ただ負けに負けていて、私が少しでも作戦指揮を取っていればまだ敵と一合戦して打ち破ってみようものを、とても哀れに思います。まずは早々に龍馬より乙女様春猪様なお、養子の件の事は私の思惑を川原塚茂太郎まで手紙で書きました。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る