平井かほ 宛(龍馬初恋の人への手紙)

5/5 (1)

平井かほ 宛(龍馬初恋の人への手紙)

原文
先づ〃御無事とぞんじ上候。天下の時勢切迫致し候に付、一、高マチ袴一、ブッサキ羽織一、宗十郎頭巾外に細き大小一腰各々一ツ、御用意あり度存上候。九月十三日坂本龍馬平井かほどの
現代文
まず、ご無事で何よりです。天下の時勢は切迫してきておりますので、1、乗馬用の馬乗袴1、下半分が広く裂けた羽織1、目鼻口以外を覆う黒頭巾他に、細身の刀大・小を一つ腰に用意して下さい。9月13日坂本龍馬平井かほどの(龍馬が初恋をした平井かほで、要は男装して一緒に勤皇活動をしましょうと書き送った手紙)

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る