新宮 馬之助【海援隊士 幕末亀山社中】

新宮 馬之助【海援隊士 幕末】


新宮 馬之助
出身
職名






新宮 馬之助は、土佐藩出身の海援隊隊士である。別名は寺内信左衛門と言う。
高知で河田小龍に師事し、学問や絵を学び、その後「焼継業修業」のため江戸へ遊学する。遊学中に坂本龍馬の誘いで勝海舟に師事し、その後は龍馬と行動を共にする。

神戸海軍操練所で航海術を学んだ後、長崎で結成された亀山社中(海援隊)に参加した。慶応2年1月21日、長州藩代表桂小五郎と薩摩藩代表西郷隆盛が京都薩摩藩邸で会見し、薩長同盟を締結した際には、龍馬らとともに調停役として同席する。その後、海援隊の中心メンバーとして活躍する。維新後は浦賀にあった海兵団に所属、海軍大尉まで出世する。長崎市で死去。享年51。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る