長岡 謙吉【海援隊士 幕末亀山社中】

長岡 謙吉【海援隊士 幕末】


長岡 謙吉
出身
職名






長岡謙吉は、幕末期の土佐藩出身者で海援隊の隊員の一人である。別名は今井純正。
高知城下の浦戸町の医師・今井孝順(孝純、玄泉)の息子として生まれる。孝順は坂本龍馬の継母・伊予の縁者であった。幼少期は河田小龍の下で蘭学に励んだ。その後は江戸や大坂に遊学して、医学や文学を学んだ。

安政6年には家業の医師を継ぐため、長崎で二宮敬作に医学を学ぶ。しかしこのときに、藩からキリスト教に傾倒したと疑われて帰国を命じられ、処罰として長岡郡鹿児村への蟄居を命じられた。

その後に罪を許されたが、やがて脱藩して長崎に赴き、坂本龍馬の下で海援隊に参加した。龍馬は長岡の才能を高く評価し、海援隊の通信文書の作成など、事務処理のほとんどを長岡に一任していたという。慶応3年、夕顔丸に坂本龍馬や後藤象二郎らと同船し、大政奉還後の龍馬の構想をまとめた「船中八策」を起草した。

また、長崎におけるキリシタン問題を論考してまとめ上げた『閑愁録』を出版している。同年、龍馬が暗殺されると、海援隊の2代目隊長に選ばれた。明治維新後は三河県知事、大蔵省、工部省などに勤務したが、明治5年に東京にて若くして死去した。享年39。墓は増上寺の塔頭の一つ、安養院にある。

長岡 謙吉【海援隊士 幕末】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る