陸奥宗光(陸奥陽之助)【紀州出身 海援隊士 幕末亀山社中】

陸奥宗光(陸奥陽之助)【海援隊士 幕末】


陸奥 宗光(陸奥 陽之助)
出身 紀州
職名






陸奥陽之助は維新後の外務大臣「陸奥宗光」である。カミソリ大臣と言われていたことは有名である。
紀州藩士伊達宗広の六男として生まれるが、その後父が藩内の政争に敗れて失脚する。陽之助は江戸に出て安井息軒に師事し尊王攘夷運動に加わる。この頃に坂本龍馬や長州の桂小五郎、伊藤俊輔などと知り合う。

龍馬29歳頃、陽之助18歳のころである。
その後神戸海軍塾へ参加したり、紀州藩の明光丸と伊呂波丸との衝突事故では龍馬の右腕となり談判に加わった。伊呂波事件は、日本初の蒸気船同士の衝突による海難事故で、紀州藩と、土佐藩の外部機関である海援隊との間で談判が繰り返された。結果的には坂本龍馬の卓越した交渉術により海援隊の全面勝利となり、紀州藩は莫大な損害賠償を払わされるはめになる。

大政奉還後に坂本龍馬は京都の近江屋で暗殺される。その直後、暗殺を、伊呂波事件の報復であると考えた陸奥らは、紀州藩三浦休太郎を龍馬暗殺犯とにらみ、海援隊士及び陸援隊の隊士ら15名と、三浦の滞在先である京都の天満屋を襲撃した。

陽之助曰く「坂本は近代史上の一傑物にして其融通変化の才に富める。その見識議論の高き、其他人を誘説感得するの能に富める。同時の者能く彼の右に出るものあらざりき。」と言っている。

一方、龍馬曰く「我隊中の者は大小の物を取り上ぐれば皆路頭に立つ奴なれど唯陸奥陽之助一人は、食うに困る男に非ず」と評価している。

陸奥宗光(陸奥陽之助)【海援隊士 幕末】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る