坂本 龍馬【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

坂本 龍馬【海援隊士 幕末】

※この史跡はまだ評価がありません※

坂本 龍馬
出身 土佐藩
職名 隊長






坂本龍馬は誰もが知る有名な歴史上の人物で、大政奉還の影の立役者であり、薩長同盟の立役者でもある。勝海舟が幕府の許可を得て運営していた神戸海軍塾が取りつぶしとなった後、龍馬ら土佐脱藩浪士達は行く場をなくし途方に暮れていた。しかし、海舟の紹介もあり、薩摩藩の斡旋で長崎に亀山社中という日本初の株式会社を設立した。

戦時は海援隊として活動し、平時は亀山社中として貿易や海運業を営むというものでした。龍馬はこの海援隊の隊長であり、亀山社中の社長でもあった。実際に幕長戦争には軍艦を率いて戦ってもいる。海運業のほうでは船を失うなど様々ないきさつがあり中々軌道にのらなかった。おしくも鳥羽伏見の戦い前に龍馬は暗殺されてしまい、その後の海援隊は「長岡謙吉」を代理隊長として戊辰戦争を歩んだ。

坂本 龍馬【海援隊士 幕末】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る