岩崎 弥太郎【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

岩崎 弥太郎【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】


岩崎 弥太郎
出身 土佐藩
職名 会計係






岩崎弥太郎は土佐藩が派遣した海援隊の会計係である。
幕末の激動の中を駈け抜け、武士から実業家に転身し三菱を創始した人物で、天保5年(1835年)土佐国、井ノ口村の地下浪人の家に生まれた。
安政元年(1854年)21歳のとき藩士・奥宮周二郎の従者となって江戸へ出、 安積艮斎の門人になった。

帰国後、土佐藩の執政・吉田東洋を知り後藤象二郎と親しく交わる。弥太郎は慶応2年(1866年)には藩の開成館貨殖局に勤務。 同じころ、勝海舟が、薩摩藩の西郷隆盛に龍馬たちの世話を頼み、慶応元(1865)年、長崎に「亀山社中」を設立し、龍馬たちに運営を任せました。

慶応3(1867)年4月、「亀山社中」は、龍馬が脱藩罪を許されたため土佐藩が引継ぎ、場所も隊員もそのままで「海援隊」となり龍馬が隊長となりました。その海援隊の会計を担当していたのが岩崎弥太郎です。

海援隊の船は伊呂波丸で、伊予大洲藩から海援隊が借り受け初航海に出ましたが、瀬戸内海、讃岐・箱の岬近くで、紀州藩船明光丸と衝突して沈没しました。この時、後藤象二郎、龍馬、そして弥太郎が交渉にあたり、結果、紀州藩が7万両の賠償金を支払う事で事件は解決しました。

龍馬の死後はそのまま亀山社中を引き継ぎ、社名を土佐商会とし、九十九商会という社名を経て今日の三菱礎となりました。
明治18年(1885)2月7日、弥太郎は病死する。
享年、51歳。

岩崎 弥太郎【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る