高橋 勝右衛門【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

高橋 勝右衛門【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】
※この史跡はまだ評価がありません※

高橋 勝右衛門
出身 土佐藩
職名






高橋勝右衛門は土佐藩士出身で海援隊の出崎官である。
後藤象二郎の片腕となり、土佐藩長崎商会の開設に当った高橋勝右衛門は、
くみの子、あるいはその一族の者といわれる。のち、土佐藩神戸商会の開設にも当る。
高橋勝右衛門の妻は栗尾大作の妹。

高橋 勝右衛門【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る