森田 晋三【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

森田 晋三【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】
※この史跡はまだ評価がありません※

森田 晋三
出身 土佐藩
職名






土佐藩出身の海援隊士であるが、土佐藩から出向という形である。
土佐藩士森田三蔵の養子となり森田性を名乗る。

文久年間、藩命により長崎に出張、慶応元年と2年には上海に渡航しました。
長崎を舞台に土佐交易の開拓と伸長のため力を尽くしました。

慶応3年4月の海援隊士のなかにも名前が出てきます。
維新後は岩崎弥太郎の九十九商会に入り、明治19年まで三菱本社に勤めました。

少年時代より絵に巧みで、はじめ南画を学びましたが、長崎出張中は清国人の画家に習い、上海では有名画人と交わって技を磨きました。
三菱退社後は詩文や画に余生を過ごしました。
享年57歳。

森田 晋三【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る