丸岡 莞爾(吉村 三太)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

丸岡 莞爾(吉村 三太)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】


丸岡 莞爾(吉村 三太)
出身 土佐藩
職名






丸岡莞爾は、天保7年(1836)久万(現・高知市久万)に吉村三助の長男として生まれ、通称は吉村三太。
妻は武市半平太の叔母。

此処での多くの仲間達との交流を通して、坂本龍馬や武市半平太らーとも交わり、長崎へ渡る。
長崎では、土佐藩の窓口だった開成館長崎商会で、総責任者の岩崎弥太郎の下で働き、龍馬や亀山社中の仲間たちとも交流している。

龍馬の手紙の乙女姉ーやん・おやべさんに宛てた、「頭のはげた若衆」と言うのは丸岡莞爾の事です。
維新後は、明治3年官途に付き、大阪府勤務から始まり内務大臣書記官や社寺局長等を歴任。

丸岡莞爾は高知県知事になった最初の土佐人でした。
明治31年63歳で死去。

丸岡 莞爾(吉村 三太)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る