島本 要(土岐 真金)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

島本 要(土岐 真金)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】


島本 要(土岐 真金)
出身 土佐藩
職名






島村要(土岐真金)は、天保11年(1840)に土佐藩足軽・島本信平の長男として生まれる。
慶応2年(1866)に、藩命で京都藩邸詰となり、その後、脱藩し坂本龍馬の海援隊に加わった。

龍馬が暗殺された後の海援隊は、慶応4年(1868)、海援隊の長岡謙吉らと讃岐塩飽諸島の鎮撫に活躍する。
新海援隊に参加したのは長岡謙吉・宮地彦三郎・島村要を含めた12名で、大半が土佐藩出身者だった。

島民たちからは「活き仏さま」と崇められ、今でも、島村要(土岐真金)の「島」の字と、八木彦三郎(宮地彦三郎)の「八」の字を取りあわせ命名された「八島神社」が祀られている。

島本 要(土岐 真金)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る