宮地 彦三郎【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】



宮地 彦三郎
出身 土佐藩
職名






高知城下新町田渕(現在の高知市桜井町)の御用人宮地六丞真景の二男として、天保十年十月十五日同地に生まれた。学問については徳永千規や細川潤次郎等に学び、俊才であった。その他にも書画をよくし、河田小龍等と親交があった。

安政三年普請方に出仕し、のち下横目、監察役として京都藩邸詰めを命ぜられ、文久三年坂本龍馬が脱藩の罪を許され、七日間の謹慎を命ぜられたが此の件に絡んで、その警衛の任にあたり、その時以来坂本龍馬の影響を受けて同年十月脱藩した。

その後、公卿侍などをしながら志士活動を続けていたが、慶応三年六月長岡謙吉の紹介で海援隊に入る。海援隊の中では主として長岡謙吉と行動を共にし、龍馬の死後の慶応四年一月に長岡謙吉を中心に新海援隊を結成し、幹部として活躍した。

此の時以降小豆島や塩飽本島の鎮撫に尽力し、中でも特に塩飽本島の小坂騒動では坂本龍馬の遺志を継ぎ、素早い対応で騒動を解決し善政を敷いている。その後、新政府に出仕し、倉敷縣大属、渡会縣の縣属などを務めていたが、明治七年病気を機に官を辞して帰国した。

帰郷後は小学校で教鞭をとり、岩村、大栃、槇山等の小学校に勤務、教育事業に専念し教育者として生涯を全うした。
大正五年十一月二十五日没。
享年七十八歳。

宮地 彦三郎【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る