中島 作太郎(中島信行)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】



中島 作太郎(中島信行)
出身 土佐藩
職名






中島信行は、土佐藩出身の政治家。男爵。
通称は作太郎。

最初の妻は陸奥宗光の妹中島初穂(1877年死去)で、後妻は女性解放運動家の岸田俊子。

土佐国高岡郡塚地村(現・高知県土佐市塚地)の郷士・中島猪三の長男。少年期に耕余塾へ通う。武市半平太の土佐勤王党に加盟、のちに脱藩して長州藩の遊撃隊に加わり、その後坂本龍馬の海援隊で活躍した。龍馬の死後は陸援隊に参加する。

維新後は新政府に出仕し、外国官権判事や兵庫県判事を経て、ヨーロッパ留学をした後は神奈川県令や元老院議官をつとめた。自由民権運動が高まりを見せると、板垣退助らとともに自由党結成に参加して副総理となる。

保安条例によって横浜へ追放された後、第1回衆議院議員総選挙で神奈川県第5区から立候補して当選。第1回帝国議会に於いて初代衆議院議長に選出されて就任。その後は明治26年(1893年)にイタリア駐在特命全権公使、同27年(1894年)には貴族院議員に勅選。

明治32年(1899年)、療養中の神奈川県大磯別邸にて死去。享年54。

中島 作太郎(中島信行)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る