佐柳高次(前田常三郎)【海援隊士 幕末亀山社中】

佐柳高次(前田常三郎)【海援隊士 幕末亀山社中】

※この史跡はまだ評価がありません※

佐柳高次(前田常三郎)
出身 讃岐国塩飽佐柳島
職名






佐柳高次は、讃岐国塩飽佐柳島の海援隊隊士。
本名は前田常三郎。

嘉永4年江戸に出府し、安政2年に長崎海軍伝習所の水夫に採用される。1860年(万延元年)勝海舟らとともに咸臨丸で渡欧を経験するし、その後、勝の紹介で坂本龍馬と知り合い、神戸海軍操練所、さらに亀山社中(海援隊)にも参加した。

慶応2年(1866年)薩摩藩船ワイル・ウエフ号に池内蔵太らと乗船し、長崎を出航、その途中で難破し海へ投げ出されてしまったが、池らが死亡する中で奇跡的に生還する。同年、水夫頭として乙丑丸に乗船し、四境戦争で長州藩を助けた。慶応3年(1867年)士官として大洲藩船いろは丸に乗船する。

長崎を出航後、紀州藩船明光丸と接近した時は当番士官であった。いろは丸と明光丸はそのまま衝突事故を起こしたため、高次はすぐさま明光丸に乗り移って船員との連絡を試みた。事故後は、責任をいろは丸に取らせようとする紀州藩の態度に怒り、腰越次郎とともに紀州藩士を斬ろうと息巻くも、龍馬に制止されている。

その後の紀州藩との交渉に証人として重要な位置を占めた。同年、龍馬が暗殺されると、海援隊を代表して竜馬の妻・お龍のいる馬関へ走るが、結局当人に伝えることは出来なかったという。

明治元年(1868年)長崎奉行所の役人らが出奔したため、菅野覚兵衛らと謀って奉行所を占拠した。明治2年(1869年)新政府軍の陽春丸に乗って箱館戦争で活躍し、戦後は佐柳島に帰島した。 帰郷後は「坂本龍馬神宮」と亡き海援隊の同志たちを毎朝晩参拝したという。墓所は香川県仲多度郡多度津町佐柳島の乗蓮寺。

佐柳高次(前田常三郎)【海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る