石田英吉(伊吹周吉)【海援隊士 幕末亀山社中】



石田英吉(伊吹周吉)
出身 土佐
職名






石田英吉は、土佐藩士で明治の政治家。
変名を伊吹周吉という。

土佐藩の医師の家に生まれる。家業を継ぐため大坂の適塾で緒方洪庵に師事し、医術を学んだ。しかし、志士・吉村寅太郎に心酔し、天誅組に加わって大和挙兵に参陣した。この戦いで敗れた英吉はやむなく長州に落ち延び、再起を図る決意を固める。だが禁門の変で負傷、三条実美ら有力公卿が都を落ち延びた、いわゆる「七卿落ち」で三条とともに都を離れた。その後、再び長州に逃れた英吉は、そこで高杉晋作と合流し、奇兵隊創設に貢献するなどして過ごした。

以後は坂本龍馬とともに亀山社中や海援隊の結成に参加し、長岡謙吉にとともに重きをなした。下関海戦では坂本の命によりユニオン号の指揮を任せられ、めざましい戦果を挙げた。

龍馬の死後、海援隊では長岡に従い、後進の指導にあたるなど組織をまとめた。維新後は秋田県令・千葉県知事をはじめ、多くの県知事職を歴任した。農政面での政策では多大な功績を残した。海援隊時代の同志であった陸奥宗光が農商務大臣に就任した際、英吉を次官に迎えて国政を相談したとされている。

明治29年6月、維新の功により男爵を授けられる。貴族院男爵議員をつとめたのち、明治34年(1901年)、63歳で没した。

石田英吉(伊吹周吉)【海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る