白峰 駿馬(鵜殿豊之進)【海援隊士 幕末亀山社中】

白峰 駿馬(鵜殿豊之進)【海援隊士 幕末亀山社中】


白峰 駿馬(鵜殿豊之進)
出身 長岡藩
職名






白峰駿馬は長岡藩出身の海援隊士。
初名は鵜殿豊之進。

1847年、長岡藩士・鵜殿瀬左衛門の三男に生まれる。1862年、江戸に行き、異父兄の鵜殿団次郎と交流があった勝海舟の門下生になる。元治元年、長岡藩を脱藩して神戸海軍操練所に参加するが、神戸海軍操練所の解散後は坂本龍馬が結成した亀山社中・海援隊に参加して太極丸の船将として活躍する。

龍馬暗殺直後には、殺害現場の近江屋に急行している。

1869年、菅野覚兵衛と共にアメリカ合衆国に留学し、ラトガース大学やニューヨーク海軍造船所にて造船術を学ぶ。1874年に帰国し、1878年には白峯造船所を経営した。1909年2月2日、勲六等瑞宝章を下賜される。同年4月1日、死去。享年63。墓所は青山墓地。

白峰 駿馬(鵜殿豊之進)【海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る