那古野城:織田信秀から配領 織田信長(吉法師)が初めて城主となった城 【お城特集 日本の歴史】

那古野城:織田信長が初めて城主となった城 【お城特集 日本の歴史】

【城名】
那古野城

【城の説明】
天文七年(1538)頃、父・信秀が古渡城に移ったため、わずか五歳の三男・吉法師(信長)が、宿老の援けをうけて城主に収まった。同一五年に元服した信長は那古野城在城のときに、傅役(もりやく)平手政秀の諌死を経験したほか、城下で美濃の斎藤道三との会見も行っている。

那古野城:織田信長が初めて城主となった城 【お城特集 日本の歴史】

当時の那古野城は方形館で、周囲には堀・溝で囲郭した武家屋敷が立ち並んでいた。
場所は現在の名古屋城の一角付近にあり、交通の要衛でもあった。

那古野城:織田信長が初めて城主となった城 【お城特集 日本の歴史】

那古野城:織田信長が初めて城主となった城 【お城特集 日本の歴史】






【那古野城・所在地・アクセス】
〒460-0031 愛知県名古屋市中区本丸1-1

【那古野城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る