霧山城(多気城):北畠具教が大河内城へ拠点を移すまで北畠氏の本城だった霧山城【お城特集 日本の歴史】

霧山城(多気城)/アクセス・地図・場所 北畠具教が大河内城へ拠点を移すまで北畠氏の本城だった霧山城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
霧山城(多気城)

【霧山城(多気城)の説明】
霧山城(多気城)は現在の三重県津市美杉町上多気にあったの山城である。
伊勢国司の北畠氏の本拠地で1kmほど南東には多気御所(館)があり、平時は御所に住み有事には霧山城に拠っていたと考えられている。

霧山城(多気城)/アクセス・地図・場所 北畠具教が大河内城へ拠点を移すまで北畠氏の本城だった霧山城【お城特集 日本の歴史】

南北朝時代の当主「北畠顕能」は南朝方として北朝軍と闘いを繰り広げ、平地の城が次々と落城したことを受けて興国3年(1342年)、防衛能力の高い「霧山城」を築いた。その後、ほどなくして「阿坂城」を築いて本城とした。

霧山城(多気城)/アクセス・地図・場所 北畠具教が大河内城へ拠点を移すまで北畠氏の本城だった霧山城【お城特集 日本の歴史】

戦国時代に入ると尾張の織田信長からの侵略を受けて、北伊勢は織田信長の家臣「滝川一益」によって統一された。これを機に霧山城の次に要害とされた「大河内城」へ拠点を移し、霧山城には城代として一族の「北畠政成」を配した。

織田信長の攻撃に対して「北畠具教・具房」親子は大河内城へ籠城し、50日にも及び耐え抜いたが信長の二男「信雄」を養子にすることでついに降伏した。天正3年(1575年)、信長は具房を隠居させ、信雄を大河内城から「田丸城」へ移した。

霧山城(多気城)/アクセス・地図・場所 北畠具教が大河内城へ拠点を移すまで北畠氏の本城だった霧山城【お城特集 日本の歴史】

そして翌天正4年(1576年)、信長の命により「多気御所」は織田勢により攻撃され具教・具房親子は殺害された。その直後、霧山城にも羽柴秀吉・神戸信孝・関盛信らの軍勢が押し寄せ城代「北畠政成」は自刃して果てた。

霧山城(多気城)/アクセス・地図・場所 北畠具教が大河内城へ拠点を移すまで北畠氏の本城だった霧山城【お城特集 日本の歴史】

この一連の戦により「霧山城」は廃城となった。現在の城跡は日本の史跡に指定され堀切・土塁、郭などが残されている。また、「多気御所」の発掘も行われている。






【霧山城(多気城)・場所・アクセス】
〒515-3421 三重県津市美杉町八知

【霧山城(多気城)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る