木造城:織田信長の伊勢侵攻の際に寝返った木造具政の居城 木造城【お城特集 日本の歴史】

木造城/アクセス・地図・場所 織田信長の伊勢侵攻の際に寝返った木造具政の居城 木造城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
木造城

【木造城の説明】
木造城は三重県津市木造町にあった平城である。
貞治5年(1366年)、伊勢国司北畠氏の一族「木造顕俊」によって築かれた。

木造城/アクセス・地図・場所 織田信長の伊勢侵攻の際に寝返った木造具政の居城 木造城【お城特集 日本の歴史】

顕俊は「北畠顕能」の次男で木造城を築き木造氏を名乗った。さらに9代当主「木造具政」は、北畠晴具の三男で木造氏の養子となり北畠本家との親密さが増した。

木造城/アクセス・地図・場所 織田信長の伊勢侵攻の際に寝返った木造具政の居城 木造城【お城特集 日本の歴史】

永禄12年(1569年)、織田信長が伊勢侵攻の軍を興すと具政は信長に従い、南伊勢侵攻の案内役を務めた。そして、北畠本家が信長の二男「信雄」を養子に迎えるとこれに仕えた。

豊臣秀吉が天下を掌握し、天正十二年(1584)蒲生氏郷が南伊勢12万石を拝領すると「木造具康」は氏郷に仕えるのを拒み氏郷と一戦を構えた。多勢に無勢、城を囲まれた具康は激戦の末、尾張へと落ち伸びた。

木造城/アクセス・地図・場所 織田信長の伊勢侵攻の際に寝返った木造具政の居城 木造城【お城特集 日本の歴史】

ここに木造城は廃城となった。なお、具康は「福島正則」に仕えたと言われている。現在の木造城跡には土塁と石碑が残るのみである。

【木造城・場所・アクセス】
〒514-1115 三重県津市木造町1059






【木造城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る