栃尾城:上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】

栃尾城/アクセス・場所・地図 上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
栃尾城

【栃尾城の説明】
栃尾城は新潟県長岡市栃尾町にあった城である。
別名「舞鶴城」「大野城」とも呼ばれており、標高228mの鶴城山に築かれた戦国時代の典型的な山城である。

栃尾城/アクセス・場所・地図 上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】

築城時期は不明だが戦国時代初期には上杉氏に属していた本庄氏が治める城であり、上杉謙信が幼少期から青年期までを過ごした城としても知られている。上杉謙信が兄の「長尾晴景」と跡目相続を争った際は、栃尾城から出陣した。

栃尾城/アクセス・場所・地図 上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】

天正8年(1580年)、謙信の死後の「御館の乱」で城主「本庄秀綱」は上杉景虎方に属し、三条城の「神余親綱」らと共に上杉景勝に抵抗するが、同年4月22日に栃尾城は落城し秀綱は会津へと退去した。

栃尾城/アクセス・場所・地図 上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】

豊臣秀吉が天下を統一すると、上杉景勝は会津へ加増転封となり、代わって越後に入封した「堀秀治」の家臣「神子田政友」が1万石で栃尾城へ入城する。しかし、慶長15年(1610年)に堀氏が改易となり栃尾城も廃城となった。

栃尾城/アクセス・場所・地図 上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】

栃尾城/アクセス・場所・地図 上杉謙信が幼少期を過ごし跡目相続の初陣の場となった栃尾城【お城特集 日本の歴史】






【栃尾城・所在地・アクセス】
〒940-0236 新潟県長岡市栃尾町

【栃尾城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る