庭瀬城(庭瀬陣屋):戦国時代は三村元親の支城で江戸時代には板倉氏が支配した庭瀬城【お城特集 日本の歴史】

庭瀬城(庭瀬陣屋)/アクセス・場所・地図 戦国時代は三村元親の支城で江戸時代には板倉氏が支配した庭瀬城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
庭瀬城

【庭瀬城の説明】
庭瀬城は岡山県岡山市北区にある平城である。
戦国時代に備中の「三村元親」が備前の「宇喜多直家」の侵攻に備える為に築かせたと伝えられている。

庭瀬城(庭瀬陣屋)/アクセス・場所・地図 戦国時代は三村元親の支城で江戸時代には板倉氏が支配した庭瀬城【お城特集 日本の歴史】

天正10年(1582年) 羽柴秀吉の備中高松城水攻めの際に、毛利輝元の国境防衛七城の1つとなり、城主の「井上有景」が8百人の兵を率い守備する。吉川元春、小早川隆景は庭瀬城が孤立した立地であったため、撤退するよう下命したが、有景はその命令に背き秀吉軍との間で激戦が交わされた。

庭瀬城(庭瀬陣屋)/アクセス・場所・地図 戦国時代は三村元親の支城で江戸時代には板倉氏が支配した庭瀬城【お城特集 日本の歴史】

その結果、庭瀬城は落城し「宇喜多秀家」の所領となりしばらくの間は城主不在となる。慶長6年、宇喜多氏の重臣であった「戸川達安」が入城し庭瀬藩を立藩。城を廃して二ノ丸に藩庁を設置し庭瀬陣屋として整備を行った。

庭瀬城(庭瀬陣屋)/アクセス・場所・地図 戦国時代は三村元親の支城で江戸時代には板倉氏が支配した庭瀬城【お城特集 日本の歴史】

そして陣屋とその周辺に陣屋街を形成した。延宝7年(1679年)4代目藩主「戸川安風」が僅か9歳で早世し戸川氏は断絶・改易となった。その後20年間は天領として支配された。

庭瀬城(庭瀬陣屋)/アクセス・場所・地図 戦国時代は三村元親の支城で江戸時代には板倉氏が支配した庭瀬城【お城特集 日本の歴史】

元禄12年(1699年)には「板倉重高」が2万石で入封し幕末まで板倉氏が支配した。現在の庭瀬陣屋跡には清山神社が建立しており、陣屋の遺構として石垣や堀が残されている。






【庭瀬城(庭瀬陣屋)・場所・アクセス】
〒701-0153 岡山県岡山市北区庭瀬829-5

【庭瀬城(庭瀬陣屋)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る