与板城:上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】

与板城/アクセス・場所・地図 上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
与板城

【与板城の説明】
与板城は新潟県長岡市与板町与板にあった山城である。
越後守護代長尾氏の重臣直江家の居城で、当初は本与板城を居城としていたが、天正年間の当主「直江景綱」の時代に現在の場所へ新たに築城し移転した。

与板城/アクセス・場所・地図 上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】

この時に「本与板城」が廃城になったのか、以降も暫く使用していたのかは不明である。信綱の代には主家上杉氏の間で「御館の乱」が勃発し、直江信綱は景勝派に属し、同じく景勝派であった黒滝城の「山岸光祐」や赤田城の「斎藤朝信」と共に景虎派の本庄秀綱の栃尾城に対して攻撃を加えている。

与板城/アクセス・場所・地図 上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】

この乱の後に与板城主信綱は恩賞に不満を持った「毛利秀広」により「春日山城」にて殺害。直江家には嫡子がいなかったために断絶となるところ、景勝が名門直江家の断絶を惜しみ「樋口兼続」を未亡人のお船の方と結婚させることで家を残した。

与板城/アクセス・場所・地図 上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】

与板城/アクセス・場所・地図 上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】

その後も与板城は樋口改め「直江兼続」の居城として使われたが、主家の上杉景勝が慶長3年(1598年)、会津に転封となったため与板城は廃城となった。現在、城の遺構として曲輪跡、堀切・土塁・井戸跡、お船の方が用いた清水(おせん清水)などが残っている。

与板城/アクセス・場所・地図 上杉景勝を支えた名将直江兼続の居城 与板城【お城特集 日本の歴史】






【与板城・場所・アクセス】
〒940-2402 新潟県長岡市与板町与板乙835

【与板城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る