守山城(尾張):織田信長の叔父織田信光の居城 守山城【お城特集 日本の歴史】

守山城(尾張)/アクセス・場所・地図 織田信長の叔父織田信光の居城 守山城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
守山城(尾張)

【守山城(尾張)の説明】
守山城は愛知県名古屋市守山区市場にあった平山城である。
大永元年(1521年)、今川氏豊が「那古野城」を築いた際に、小幡城・川村城に対する備えとして「松平信定」が築城した。

守山城(尾張)/アクセス・場所・地図 織田信長の叔父織田信光の居城 守山城【お城特集 日本の歴史】

天文4年(1535年)には織田信秀の弟「信光」の居城となっていたが、弘治元年(1555年)、織田信長・信光の連合軍により清洲城の「織田信友」が滅ぼされ、信長は清洲城を居城とし、信光には「那古野城」が与えられた。

守山城(尾張)/アクセス・場所・地図 織田信長の叔父織田信光の居城 守山城【お城特集 日本の歴史】

そして、守山城には信光の弟の「織田信次」が入城した。しかし、信次の家臣「洲賀才蔵」が信長の弟「秀孝」を殺害したことで、報復を恐れた信次は出奔してしまう。信次の出奔後は信長の異母弟「信時」が城主となったが、信次の元重臣「角田新五」らに殺害され守山城は再び混迷を極めた。

※尾張に攻め込んだ松平清康が殺害された地(守山崩れ)
守山城(尾張)/アクセス・場所・地図 織田信長の叔父織田信光の居城 守山城【お城特集 日本の歴史】

しばらく城主不在が続いたが、ほどなくして帰参が許された信次が再び城主に返り咲いた。天正2年(1574年)、長島一向一揆戦において信次は戦死してしまい、この時守山城は廃城になったと伝わる。一説によると「小牧・長久手の戦い」の後に廃城になったとも言われている。

守山城(尾張)/アクセス・場所・地図 織田信長の叔父織田信光の居城 守山城【お城特集 日本の歴史】

現在の城跡は「宝勝寺」となっており、城址碑が建てられている。城の遺構は空堀や土塁跡が残るのみである。






【守山城(尾張)・場所・アクセス】
〒463-0075 愛知県名古屋市守山区市場7-1

【守山城(尾張)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る