練馬城:としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】

練馬城/アクセス・場所・地図 としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
練馬城

【練馬城の説明】
練馬城は現在の東京都練馬区向山にある遊園地「としまえん」の園内にあった平山城である。築城年代は不明だが、石神井城の豊島氏が支城として築いたと考えられている。

練馬城/アクセス・場所・地図 としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】

城代には豊島氏の家臣である「矢野将監」が任命されていた。文明8年(1476年)、豊島氏は「長尾景春の乱」において、景春の軍につき山内・扇谷両上杉氏と交戦状態に突入した。

練馬城/アクセス・場所・地図 としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】

翌文明9年(1477年)、扇谷上杉氏の家宰「太田道灌」は江戸城を出て「練馬城」を攻撃する。一方豊島氏は石神井城の「豊島泰経」と練馬城の「豊島泰明」も城を出て野戦をする決意を固め、両軍は江古田の地で激突した。

練馬城/アクセス・場所・地図 としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】

この戦で豊島氏は惨敗を喫し、練馬城主「豊島泰明」以下、主だった多くが討死し、当主泰経は石神井城へと逃げ帰った。その後も道灌の攻勢は強まり、ついに泰経は城を捨てその後の消息は不明となった。

練馬城/アクセス・場所・地図 としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】

豊島氏の没落とともに石神井城も練馬城も廃城になったと伝わっている。現在の城跡は、当初「城址公園」として整備されたがその後豊島氏の名前から遊園地「としま園」として開業した。

練馬城/アクセス・場所・地図 としま園の敷地内にあり石神井城の豊島氏の支城だった練馬城【お城特集 日本の歴史】






【練馬城・場所・アクセス】
〒176-0022 東京都練馬区向山3-9-30

【練馬城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る