膳城:上杉謙信・北条氏政・武田勝頼の争いの場となった膳氏の居城 膳城【お城特集 日本の歴史】

膳城/アクセス・場所・地図 上杉謙信・北条氏政・武田勝頼の争いの場となった膳氏の居城 膳城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
膳城

【膳城の説明】
膳城は群馬県前橋市粕川町膳にあった丘城の城である。
三善康信の子孫という善氏により築城され、その時期は不明だが長享元年(1487年)には既に存在していた。

文明12年(1480年)、佐野昌綱の攻撃を受けて一度は落城するも、「横瀬業繁」の援助を受けて「善三河守」は膳城に復帰、以後、横瀬氏改め「由良氏」の支配下に入った。

元亀3年(1572年)には上杉謙信に従い、下野国へ侵攻中に城主「善宗次」が討死してしまう。その子「春松丸」が跡を継ぐが、北条氏の反撃を受けて厩橋城へ逃亡し膳氏は没落した。

膳城/アクセス・場所・地図 上杉謙信・北条氏政・武田勝頼の争いの場となった膳氏の居城 膳城【お城特集 日本の歴史】

天正2年(1574年)、上杉謙信が膳城を奪い返し「木戸忠朝」が入城するも、天正6年(1578年)上杉謙信の死去によって再び北条氏の城となり、「河田備前守」が城主となる。

天正8年(1580年)、謙信の後継者争い「御館の乱」が勃発すると武田勝頼は「上杉景勝」に味方をして、「上杉景虎」派の厩橋城や大胡城、山上城、伊勢崎城を制圧していった。この時、膳城も勝頼の軍勢から攻撃を受け「河田備前守」や城代の「大胡民部左衛門」が討たれて落城し、城は廃城となった。

現在の城跡は住宅地となっており、空堀、土塁、土橋がわずかに残る他、城址公園として整備されている。






【膳城・所在地・アクセス】
〒371-0204 群馬県前橋市粕川町膳109

【膳城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る