末森城:織田信長の弟で反旗を翻し謀殺された信行の居城 末森城【お城特集 日本の歴史】

末森城/アクセス・場所・地図 織田信長の弟で反旗を翻した信行の居城 末森城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
末森城

【末森城の説明】
末森城は愛知県名古屋市千種区城山町にあった平山城である。
天文17年(1548年)、織田信秀が松平忠広や今川義元への備えとして築城した。

末森城/アクセス・場所・地図 織田信長の弟で反旗を翻した信行の居城 末森城【お城特集 日本の歴史】

末森城は信長の次弟「信行」が城主を務め、信秀の実弟である「織田信光」の守山城と合わせて、東からの侵略者に対する防衛線として重要な位置を占めていた。天文20年(1551年)、信秀が急死すると末森城の信行は織田家重臣である「林秀貞」「柴田勝家」と共に信長に反旗を翻した。

末森城/アクセス・場所・地図 織田信長の弟で反旗を翻した信行の居城 末森城【お城特集 日本の歴史】

弘治2年(1556年)、稲生の戦いで信長に敗れて信行は和睦した。しかし、翌弘治3年(1557年)、再び謀反を企てたのを柴田勝家が信長に内報し信行は清須城で謀殺された。その後、末森城は城主不在のまま放置されいつしか廃城となった。

末森城/アクセス・場所・地図 織田信長の弟で反旗を翻した信行の居城 末森城【お城特集 日本の歴史】

末森城は本丸周囲を二重の堀で囲まれた平山城で、今でも空堀跡が残されている。






【末森城・所在地・アクセス】
〒464-0045 愛知県名古屋市千種区城山町2

【末森城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る