鷲津砦:桶狭間の戦いの前哨戦で織田秀敏・飯尾親子が守備し陥落した鷲津砦【お城特集 日本の歴史】

鷲津砦/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で織田秀敏・飯尾親子が守備し陥落した鷲津砦【お城特集 日本の歴史】

【城名】
鷲津砦

【鷲津砦の説明】
鷲津砦は名古屋市緑区にあった砦で「織田信長」によって築かれ、桶狭間の戦いの前哨戦が行われたことで有名である。
合戦の直前に「山口教継」の裏切りにあった信長は大高城への抑えとして鷲津砦・丸根砦を築いた。

鷲津砦/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で織田秀敏・飯尾親子が守備し陥落した鷲津砦【お城特集 日本の歴史】

そして鷲津砦には守将として「織田秀敏」と「飯尾定宗・尚清」父子が任命された。永禄3年(1560年)今川義元の大軍が尾張へ侵入し鷲津砦と丸根砦を攻撃した。丸根砦には松平元康が、鷲津砦には朝比奈泰朝が大将として指名された。

両砦とも良く善戦したがついに陥落し丸根砦の「佐久間盛重」は討死し、鷲津砦の織田秀敏と飯尾親子は敗走した。信長は清洲城での籠城策を捨て、義元本陣だけを狙う乾坤一擲の策に出た。

鷲津砦/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で織田秀敏・飯尾親子が守備し陥落した鷲津砦【お城特集 日本の歴史】

信長は両砦陥落の煙を見ると間もなく、間者からの急報を受け桶狭間にて義元本陣を急襲した。そして義元の首を討ち取ったのであった。(桶狭間の戦い)桶狭間の戦いの後、松平元康(徳川家康)は信長と同盟を結び、これにより鷲津砦はそのまま放棄された。

現在の鷲津砦跡は、史跡鷲津砦址の碑が立つ他「鷲津砦公園」として整備されている。






【鷲津砦・所在地・アクセス】
〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町鷲津山(鷲津砦公園)

【鷲津砦マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る