小見川城:秀吉の北条征伐で共に滅びた粟飯原氏の居城 小見川城【お城特集 日本の歴史】

小見川城/アクセス・場所・地図 秀吉の北条征伐で共に滅びた粟飯原氏の居城 小見川城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
小見川城

【小見川城の説明】
小見川城は現在の千葉県香取市小見川町(小見川公園)にあった平山城である。
築城時期は不明だが建久年間に千葉氏の一族の「粟飯原朝秀」により築城されたと伝わっている。

小見川城/アクセス・場所・地図 秀吉の北条征伐で共に滅びた粟飯原氏の居城 小見川城【お城特集 日本の歴史】

永禄3年(1560年)、里見義堯の重臣「正木時忠」が下総国へ侵攻し小見川城も攻撃された。この時は正木軍の攻撃を撃退したようである。その後も戦国期を通して粟飯原氏がこの城を統治したが、天正18年(1590年)豊臣秀吉による北条征伐が勃発すると「粟飯原俊胤」は北条方として戦った。

小見川城/アクセス・場所・地図 秀吉の北条征伐で共に滅びた粟飯原氏の居城 小見川城【お城特集 日本の歴史】

このため、北条氏の滅亡と共に粟飯原氏も滅びた。北条氏の遺領を拝領した「徳川家康」は当初「松平家忠」を城主に任命したが慶長6年(1601年)に廃城となった。

その後「土井利勝」が1万石を拝領し小見川城近くの平地に「小見川陣屋」を構築し小見川藩庁とした。正式な小見川藩の誕生である。その後も安藤氏・天領・内田氏と統治が変わり内田氏の時代に幕末を迎えている。

小見川城/アクセス・場所・地図 秀吉の北条征伐で共に滅びた粟飯原氏の居城 小見川城【お城特集 日本の歴史】

現在の小見川城跡は「小見川公園」として整備されており、土塁が巡る曲輪や土橋が架かる空堀などが残されている。






【小見川城・所在地・アクセス】
千葉県香取市小見川町(小見川公園)

【小見川城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る