岩倉城:尾張上四郡を支配し信長の攻撃により敗れた織田信賢の居城 岩倉城【お城特集 日本の歴史】

岩倉城/アクセス・場所・地図 尾張上四郡を支配し信長の攻撃により敗れた織田信賢の居城 岩倉城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
岩倉城

【岩倉城の説明】
岩倉城は現在の愛知県岩倉市下本町にあった平城である。
文明11年(1479年)頃、織田敏広(または織田信安)によって築城されたと伝わる。

岩倉城/アクセス・場所・地図 尾張上四郡を支配し信長の攻撃により敗れた織田信賢の居城 岩倉城【お城特集 日本の歴史】

岩倉織田氏は尾張上四郡を支配し、尾張下四郡を治める清洲城の本家と共に尾張守護斯波氏を支える家として重要な地位を占めていた。信長の家系は元々はこの清洲城の本家に仕える家老職であった。

信長の父、信秀が徐々に力を蓄え清洲織田本家や尾張守護の斯波氏よりも実質的な実力を備えて台頭していった。 弘治2年(1556年)、信長が実弟の「織田信行」と信秀の跡目を巡って争うと岩倉織田氏の「織田信安」は信行に味方したため信長と対立することになる。

岩倉城/アクセス・場所・地図 尾張上四郡を支配し信長の攻撃により敗れた織田信賢の居城 岩倉城【お城特集 日本の歴史】

永禄元年(1558年)、「浮野の戦い」で信安の跡を継いだ嫡男「織田信賢」は信長に敗れ、翌永禄2年(1559年)3月、岩倉城に篭城するも、信長の攻撃に敗れ岩倉城は落城した。岩倉城はこの後廃城となった。

岩倉城/アクセス・場所・地図 尾張上四郡を支配し信長の攻撃により敗れた織田信賢の居城 岩倉城【お城特集 日本の歴史】

現在の城跡には「岩倉城址」と「織田伊勢守城址」の碑が建立されている。なお、城は二重の空堀によって囲まれていたと伝わる。






【岩倉城・所在地・アクセス】
〒482-0005 愛知県岩倉市下本町城址122

【岩倉城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る